Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
おいしいお米でつくったお味噌
ちくご元気計画に参加している研究会「味噌蔵 麹園」の
商品パッケージが新しくなりました。

この麹園のロゴデザインにつづき、
商品パッケージが、味噌のコンセプトを上手く伝えられていなかったので、
この機会に研究会で、講師の宮成なみさんと麹園のおばちゃん達と
もう一度麹園のつくる味噌の魅力について考えてきました。

麹園の名前の由来は、20年以上こだわり続けて作る麹にあります。
麹の原料である米は、普通に美味しく食べられる白米。
通常は、クズ米といって何度もふるいにかけ落ちた小さな米を使うようです。
パッケージには、麹のこだわりを一番強いメッセージとして、
生活者に届けられるようデザインをまとめていきました。
名前もストレートに「おいしいお米でつくったお味噌」
ちくご大木町に伝わるお味噌の味を、
次の世代に残していきたいというのが、麹園の信念です。

これから研究会では、バイヤーへのプレゼンや販売先でのPRなどの対策、
新商品の開発など話を進めて行きます。

f0120395_63527100.jpg

日常用の簡易パッケージ。
450gと800gの2サイズ。


f0120395_6354171.jpg

ギフト用のパッケージ。
美味しいお米を使っているので、米袋のミニサイズを使ってみました。
こちらも、450gと800gの2サイズ。
まずは、道の駅くるるん大木町で販売スタートです。

f0120395_6355227.jpg

コストを考え、米袋の印刷はゴム印を使用しています。
ギフト用でも過剰に飾らないのが、生産者がつくるお味噌のパッケージ。



f0120395_6364972.gif

ロゴマーク・紹介カード→ブログ→商品パケージと統一したデザインがつながる。
メッセージを同じ声色で、生活者へ語りかける事が大切です。
by seiichi_maesaki | 2011-02-17 06:48 | パッケージ
<< KifuL 「春のギャッベ」 デザインの基礎 >>