Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
タグ:でん一農場 ( 2 ) タグの人気記事
でん一さんのミニトマト
明日は、うきは百姓組の「桃の花見」。
今回は、完全にお客として参加するので、満喫したいと思ってます。
晴れるといいなぁ。。。

昨日は、SYUにでん一農場の田中さんが、
打ち合わせに来られました。美味しいトマトと一緒に。
新しく作ったでん一農場のシールは、
ギフトや催事用にと考えていたのですが、地元のスーパーに価格を上げて
置いても販売数量が2倍は伸びていると、嬉しい報告がありました。
店長さんの話によると、お客さんは価格等も見ずに、
即買いをされているそうです。
これは、ただラベルデザインを変えたからではなく、
もともと評判たったでん一トマトが、認識しやすくなったからだと思います。
田中さんから、「デザインの重要性を理解した」と言われた事が、
何よりの収穫でした。
田中さんは、料理教室への訪問や、イベント出展に
今後力を入れてこうと考えられています。

うきは百姓組も、でん一農場も、元気計画の研究会参加者でした。
事業は終わり今後が問われる中で、とても心強い人たちです。


f0120395_140959.jpg

ほどんど毎日売り切れるそうです。

f0120395_140302.jpg

撮影は推進員だった白水さん

でん一農場のトマトは柳川のお店で買えます。
詳細はこちら

また、直接注文も可能です。
1kgと4kgのギフトがありますよ!

でん一農場
〒839-0241福岡県柳川市大和町徳益東原391-1
電話・ファックス 0944-72-5513
携帯 090-4510-7355(田中良一)
by seiichi_maesaki | 2012-04-07 14:03 | パッケージ
砂地トマトの、でん一農場。
九州ちくご元気計画がグッドデザイン賞を受賞されました。
デザインの成果物に対するものでなく、プロジェクト全体の取組みが
評価されたのは素晴らしいことだと思います。
この事業に講師として参加させてもらっていますが、
沢山のことを学んでいるのは自分の方で、本当に感謝です。
その元気計画は進行中で、まだまだ気を引き締めていかねばなりません。

柳川でトマトを砂地で栽培する田中良一さんが研究会に参加されています。
屋号はでん一農場。田中さんも自らを「でん一」と名乗られてます。
でん一さんのトマトは地元のスーパーや道の駅で大変人気で
僕も食べてみましたが、身が詰まっていて風味豊かなものでした。
美味しさの秘密は、砂地で育てる農法にあります。

でん一さんは、もともとトマト農家ではなく、
砂地栽培の肥料の販売をされていました。
栽培方法や肥料の良さを伝える為に
自ら美味しいトマトを作って実証しようと始められたのが23年前。
結果、美味しく実り高品質のトマトとなっています。

今回は、トマトを通して砂地栽培を広く認知してもらうことと、
トマトの販路を開拓することを目的に、
情報発信と商品パッケージのお手伝い行っているところで、
ロゴマーク、名刺、ブログなどが出来上がっています。
でん一農場については、これから徐々に紹介していきます!

ブログも是非見て下さい→でん一農場公式ブログ


f0120395_5541085.gif

ロゴマークには、高品質であること、砂地で育ったトマトであること、
でん一さんの端正なキャラクターなどが現れる様につくり、
名刺は、店頭に置いたり、商品に添えられるよう、
紹介カードの機能を持たせています。

f0120395_655915.jpg

先生のような佇まいのでん一さん。
そのお隣は肥料を作られる鈴木さん。

f0120395_66332.jpg

パスタに使うと、トマトの旨味がでて良いソースになります。
春先のトマトが一番美味しいということなので、今から楽しみです!
by seiichi_maesaki | 2011-10-15 06:17 | ロゴ・ネーミング・サイン