Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
タグ:紙漉思考室 ( 11 ) タグの人気記事
紙漉思考室 年賀状2014
SYU Works更新しました。
紙漉思考室の年賀状2013

f0120395_16124565.jpg


f0120395_16125279.jpg

by seiichi_maesaki | 2014-01-24 16:13 | 名刺・DM・封筒など
和紙貼りの名コンビ
SYU Life style | 助っ人々更新しました。 「和紙貼りの名コンビ

f0120395_17115153.jpg

f0120395_17114339.jpg

f0120395_17114110.jpg

f0120395_1711531.jpg

f0120395_17114733.jpg

by seiichi_maesaki | 2013-11-19 17:12 | 出来事
和紙制作風景写真
SYU Works更新しました。
和紙制作風景写真

クライアントさん達が、自分の有るべき姿を確かめ、着実に前へ進んでいる。
その横を伴走できる喜びを噛み締めている近頃です。

f0120395_1862876.jpg


f0120395_1864435.jpg


f0120395_186532.jpg


f0120395_187313.jpg

by seiichi_maesaki | 2013-06-28 18:07 | ウェブサイト
紙漉思考室の冬
先日、佐賀県七山に工房を構える紙漉思考室へ撮影に行ってきました。
これまで、ネーミングから、情報発信商品開発、パッケージ等を
毎月打ち合わせをして、進めてきましたが、
今後に向けてもう一度全体がわかるパンフレット制作や
サイト内容の充実を図る目的です。
紙漉の工程を記録していますが、手間と隙はかなりのもの。
素材も植物が相手なので、その都度状態も変わります。
そこを柔軟に工夫する前田さんの姿勢に改めて共感しました。
手仕事はどんどん無くなっています。
前田さん自身、この時代に敢えて紙漉をする意味を常に考えています。
楽な道ではありませんが、頭をつかって一緒にこれからを描いていきたいです。
来年も面白くなりそうだー!

f0120395_13135773.jpg

かなりの肉体労働。

f0120395_13141988.jpg

触って乾燥の具合を確かめる。

f0120395_1314445.jpg

工房は緑に囲まれた場所に。
by seiichi_maesaki | 2012-12-03 13:57
「やきものと道具」美山かやぶき美術館
今日は、石井直人さんとすみ子さんの展覧会のお知らせです。
9月4日から、京都の南丹市美山町にある
美山かやぶき美術館で「やきものと道具」が開催されます。

石井さんも丹波の森を切り開き、
茅葺きの農家を移築し創作活動をされています。
直人さんはやきものを、すみ子さんは生活道具を。
お二人とも毎日の生活に対峙し、日常の中にひそむ美を
追い求められているようです。

A4サイズのチラシを制作いたしましたが、
裏面にお二人のもの作りに対する考えが載せられています。
共感する内容で、多くの人に読んでもらえたらと思います。
PDFはこちらからダウンロード下さい

今回、直人さんのやきものは、家の近くで採れた約200万年前の
青い粘度で作られています。
また、職人さんとものづくりをするすみ子さんは、
紙漉思考室の和紙で作ったポストカードセットを
新作で販売される事になっています。



石井直人 石井すみ子「やきものと道具」
2012年9月4日(火)ー10月14日(日)
開館時間/午前10時~午後4時30分
休館日/月曜日  
但し、祝日9/17(月)10/8(月)開館 9/18(火)10/9(火)休館
作家在館日/9/4日(火)8日(土)9日(日)
入館料/大人300円(250円)小学生以下無料()は10名以上の団体料金

美山かやぶき美術館
〒601-0751京都府南丹市美山町島朴ノ木21 tel 0771-75-1777




f0120395_1864716.jpg




f0120395_18124642.jpg

窯焚きの様子。自作の登り窯で。
写真:独華陶邑

f0120395_935492.jpg

以前お邪魔したときの写真。母屋とギャラリー白田

f0120395_18125452.jpg

色彩豊かな紙漉思考室の和紙。
個人的に好きなのは、手前のベンガラで染めたグレーの紙。
by seiichi_maesaki | 2012-08-27 17:57 | 名刺・DM・封筒など
tsukumo
今日は、独立を機にご相談いただいた仕事をご紹介します。
建築・店舗のインテリア、リノベーションから
プロダクトなどのデザインを手掛ける吉村さんは、
京都の辻村久信デザイン事務所で10年間勤務の後、
福岡でtsukumoを今年の5月に設立されました。
名前は九十九からきていて、長い年月を経ても喜びや感動を
与えられるようなデザインをしていく思いがあります。

今回は、ロゴ・名刺・挨拶状のデザインをさせていただきましたが、
素材の質感や風合いを大切にする吉村さんの希望で
紙は紙漉思考室の手漉紙を使うことになりました。
デザインにおいては、一貫して素材の良さを引き出すことに集中し
書体・色・間を考えています。

吉村さんのデザインに対する姿勢に共感することが多く、
これから福岡で活動される事を嬉しく思います。
公式ホームページがありますので、是非ご覧下さい。tsukumo

吉村さんが僕を知るきっかけとなったのは、
Design nicoの松田さんのブログだそうです。ありがとうございます!!

f0120395_1152349.png

ロゴタイプは少しだけぷっくりクセのある書体をもとにしています。

f0120395_22473232.jpg

和紙にはエッジを効かす亜鉛板の活版印刷。
f0120395_22474270.jpg

紙も名刺と挨拶状では違うものを前田さんから提案。

f0120395_22475545.jpg

f0120395_2248323.jpg

胡粉を漉き込んだ紙は白く、インクの乗りが良いので
版画用として、また万年筆に適しています。

f0120395_2248692.jpg

吉村さんの事務所。和紙やセルジュムーユのライトとか、
絵の入っていない額縁とか、本とか興味のあるものがいろいろありました。
また、吉村さんとはゆっくりお話がしたいです。
by seiichi_maesaki | 2012-08-17 11:53 | ロゴ・ネーミング・サイン
紙漉思考室の名刺と見本帖
九州ちくご元気計画のイベントは大盛況だったようです。
最終日は会場にいましたが、研究会の参加者をはじめ、
このプロジェクトに関わる多くの方々が集まり、
ちくごの進化を語っていました。これからが新しいスタートですね。
イベントの内容(Bunbo 江副さんのBlog)

今日は、ブランドづくりのお手伝いをさせて頂いている
紙漉思考室の名刺と、紙の見本帖のお話。
手漉きでつくる紙は、素材を厳選し手間隙かけて作られます。
その分、通常の紙に比べ高価なものになります。
それでも手漉紙を求め尋ねて来られる方々は、
こだわりがあり、他とは違う質感や風合いを見分けられます。
この嗜好性の高い紙を、包む事にも丁寧にしたいという
前田さんの意向で名刺と見本帖の包装は、桐箱でする事にしました。
箱の蓋には、オリジナルプロダクトのマークも刻印しています。

また、じっくり進めてきた和紙に活版印刷ができる
受注システムも準備しました。
ホームページからでも名刺や見本帖の注文が出来るように
リニューアルしていますので、興味のある方は是非ご覧になって下さい!
紙漉思考室オンラインショップ

f0120395_4281366.jpg

見本帖の詳細はこちら

f0120395_428870.jpg

活版印刷の注文はこちら


f0120395_10591710.jpg

これまでに数回、和紙+活版印刷で名刺をデザインさせてもらいましたが、
どれも良い感じに仕上がりました。
写真は花事師 中村有孝さんの名刺です。

紙漉思考室のブログがちょうど更新されています。
「アルミに和紙を貼る」
by seiichi_maesaki | 2012-03-08 04:41 | パッケージ
紙漉思考室の自宅改修
日曜日、楽しみにしていた内覧会に行ってきました。
目的地は佐賀県の七山にある、紙漉思考室 前田さんの自宅です。
茅葺き屋根を手直しした家は、
ここ数年てんとう虫の被害に悩まされていたことがきっかけで
自宅改修が始まりました。
改修を手掛けられたのは、日記によく登場されるDesign nicoの松田さんです。
最初は屋根のある2階のみのはずが、階段・1階居間・玄関と膨らみ、
素敵に生まれ変わりました!
暖炉も新しく入っているのですが、家に火があるだけで心が落ち着きます。
家主の前田ご夫妻も快適に過ごせて大満足のご様子。
色んな種類の手漉き和紙を贅沢に使われた空間は、
立派な展示ギャラリーとしても使えそうです。
打ち合わせは暖炉の前で火を見ながらというのも良いですねぇ。

デザイナーさん・建築家さんの和紙の使い方は様々。
「こんな表現があるのかぁ〜!」と毎回楽しく刺激をもらっています。
また、冬の間に遊びに行きたいなぁ。

紙漉思考室の和紙が使われた仕事を、勝手にまとめました。
○ 青い月 中川さんのブックカバーデザイン 
○ 先崎さんのオブジェ
○ TGD 高須さんのインテリアデザイン
○ pococoro design 大平さんの設計

現在もいろんなクリエイターの方々との仕事が進行中ということで、
今後が楽しみです。

f0120395_1025446.jpg

良い眺め。

f0120395_1025964.jpg

落水紙の障子。光が柔らかくなって良い感じです。

f0120395_10222666.jpg

子供達の良い遊び場です。
by seiichi_maesaki | 2012-01-19 10:27 | 出来事
オープンスタジオ 1/28sat, 2012
おはようございます。
早起きに拍車がかかり、これは本当に早起きか?と思うこともある近頃ですが、
デザインの提案が上手くいっていて、幸先の良いスタートになっています。
今年は、色んな事に意欲が沸いているので、
昨年からはじめたオープンスタジオも定期的に開催したいと思っています。
次回は2週間後の1月28日(土) に行います。
デザインに興味のある方、お気軽に遊びに来てください!

Open studio SYU 1.28
場所:Gallery+Design studio SYU
日時:2012年1月28日(土) 13:00〜19:00
事前にメールを頂けると有り難いです。gallerysyu*syogei.com
*を@に変えて下さい。

あと一つ、クライアントさんのお知らせです。
紙漉思考室の前田さんが
自宅を改修されて今日と明日は内覧会です。
改修を手掛けられたのは、度々僕のブログに登場されるDesign nicoの松田さんです!あ〜、楽しみ!
お時間ある方はこちらも是非足をお運び下さい!
(紙漉工房は自宅とは別の場所あるため今回の内覧会で工房は開放しておりません)
「七山の杜 内覧会」
場所:佐賀県唐津市七山池原1497道順はこちら
日時:2012年1月14日(土)、15日(日)11時〜17時

f0120395_5303079.gif

by seiichi_maesaki | 2012-01-14 05:31 | お知らせ
紙漉思考室の自宅リノベーション
一昨日、七山へ改修工事のお手伝いに行ってきました。
現場は、紙漉思考室前田さんの自宅。
昔、茅葺きだった古民家を改修した家は、
近年てんとう虫の被害がつづいたことや、家族が増えたことで、
2階部分を大幅に手を入れる事になりました。
駆けつけると、家族総出でとんがった天井部分に
前田さんが漉いた手漉き和紙を貼る作業の真っ最中です。

今回の強力な助っ人の一人に、
川口祥子さんという若手の表具師さんがいます。
彼女は若手といっても奈良での修行を6年経て、
小郡で仕事をされいて、腕はもちろん知識も豊富です。
前田さんと同じ匂いを感じています。
この出逢いは、元気計画推進員の白水さんから。感謝!

もう一人の強力助っ人は、建築家の松田和也さん。
内覧会によくお邪魔して、施主さんの性格が想像できる美しい家で
いつも楽しく拝見させてもらっていますが、
今回もまた、素材選びから全体のバランスがとても良い感じで
完成が待ち遠しいです。

手伝いにいった僕は、斜めの壁面への紙貼りといった
難易度の高い作業にビビリ、撮影係にまわりました(笑)。
お役に立てずにすみません。
完成すれば、屋根一面に手漉き和紙をつかった空間見本ができます。
どんな風に仕上がったかは、後日報告いたします!


f0120395_7132890.jpg

慎重かつ丁寧かつ息の合った作業。

f0120395_7135726.jpg

和紙を活かす貼り方を熟知する川口さんとは、
これから紙漉思考室と一緒に動ける仕組みを考えています。

f0120395_7134696.jpg

去年、松田さん家族とお邪魔したときの外観写真。
by seiichi_maesaki | 2011-11-19 07:20 | 出来事