Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
タグ:蒜山耕藝 ( 9 ) タグの人気記事
蒜山耕藝「季節のDM 2012-2013」
SYU Works更新しました。「http://syu-design.com/2976」

最近更新が大幅に遅れている仕事の紹介です。
これから徐々に出して行きます。

f0120395_21231474.jpg


f0120395_2126981.jpg

by seiichi_maesaki | 2014-02-10 21:26 | 名刺・DM・封筒など
蒜山耕藝 記録写真|2013初冬
おはようございます。SYU Works更新しました。
「蒜山耕藝 記録写真|2013初冬



今回はゲストと一緒に蒜山耕藝へ美味しい食の旅でした

f0120395_5394036.jpg

f0120395_5385865.jpg

f0120395_5385865.jpg

f0120395_540435.jpg

by seiichi_maesaki | 2013-12-02 05:40 | 出来事
蒜山耕藝|記録写真|2013晩夏
SYU Works 蒜山耕藝のことについて更新しました。
記録写真|2013晩夏

美味しい夏野菜をたくさん味わう旅。
ちゃんとデザインの話しもしていますw。

f0120395_6522294.jpg

f0120395_6524272.jpg

f0120395_653226.jpg

f0120395_6525672.jpg

by seiichi_maesaki | 2013-08-31 06:54 | 出来事
蒜山耕藝の夏野菜
SYU Info更新しました。
蒜山耕藝の夏野菜


届いたトマトでパスタをつくると本当に美味しいですよー。
素材が良いので料理は簡単。

f0120395_932158.jpg

by seiichi_maesaki | 2013-08-16 09:32 | お知らせ
蒜山耕藝|記録写真|2013梅雨入り
SYUのWorksに更新しました。
蒜山耕藝へ訪問したことを書いています。
記録写真|2013梅雨入り

ぜひ、ご覧ください。

デザインワークは最終的な形だけを紹介しているのですが、
プロセスが大事な仕事のをもっと知ってもらう必要があると最近とても感じます。
料理で言えば、献立をつくるとか、下ごしらえするとかになるのでしょうか。。。


f0120395_1557870.jpg



f0120395_15565880.jpg



f0120395_1557251.jpg

by seiichi_maesaki | 2013-06-01 15:57 | 出来事
SYUWorks更新
これから、SYUの公式サイトをせっかく作ったので、
ただの作品紹介に終わらせず、もっと充実していこうと考えています。
前崎日記でお知らせしていたことも全て公式サイト内で完結するよう
今仕組みを作っているところです。

f0120395_1104221.jpg

Works_蒜山耕藝ネーミング・ロゴ



f0120395_110558.jpg

Works_Haku ネーミング・ロゴ
by seiichi_maesaki | 2013-04-09 11:03
蒜山耕藝の冬
今日からは、kifuLで春のギャッベが開催されます。
ぜひ、ご覧下さい!

福岡は春の陽気になってきましたが、岡山の蒜山はどうでしょうか?
先週は、蒜山耕藝と今年のデザイン計画などの打ち合わせのため、
食の旅へ出かけました(笑)
蒜山は、まだまだ春には程遠い雪景色。
それでも雪下にしっかりと麦が根をはり、春を待っていました。

雪が積もっていては、農作業はできませんが、
蒜山耕藝は冬にもやりたい事は沢山あります。
お餅や漬け物などの加工品づくりや、
作業場・事務所を兼ねたアトリエづくりなど構想は膨らんでいます。
他にも、個人的に楽しみにしている飲み物も♪

蒜山耕藝の食卓から伝えたいことも沢山あります。
自然栽培の取組みについてはもちろんですが、
食べる事、作る事の楽しみから暮らし方全体まで。
昨年から情報発信を始められて、共感の輪が確実に広がっています。
今年も良き出会いを少しでも繋げていけるよう、
お手伝いしていきたいと思っています。

蒜山耕藝の最新情報はこちらのブログから


f0120395_10264980.jpg

朝の散歩

f0120395_10271717.jpg

収穫した野菜の漬け物

f0120395_10274664.jpg

新メンバーのツブ。

f0120395_10275720.jpg

蒜山耕藝の人気商品のお餅。

f0120395_1038109.jpg

美味しい物が集まる食卓。

f0120395_10272586.jpg

プロフィール写真、冬バージョン。

f0120395_10335296.gif

by seiichi_maesaki | 2013-03-12 09:50
蒜山耕藝のロゴマーク
先日、岡山県の蒜山へ食の旅に出かけました(笑)
今回の目的は、顔となるロゴデザインのご提案です。

蒜山耕藝というネーミングから関わらせてもらいましたが、
藝の語源は、人間が植物を植え、食べものをつくる姿です。
無農薬・無肥料の自然栽培に取り組んであるのですが、
農法のことよりも、蒜山耕藝の心の底からわき上がってくる
ものづくりの楽しみを一番に伝えたいと思っていました。
ロゴマークは、自然にさりげなく、それでいて何か心に残るような
シンボルにしたくて素描のような文字を制作。

マークが染み込んでいく様に、受け入れてもらったのが、とても印象的でした。
これから情報発信やパッケージ、そしてイベント出店など話は尽きません。
千葉から蒜山へ移住されてから1年目の農業を
傍らで眺めていましたが、農薬も肥料も使わない作り方に興味があったのが
次第に、皆さんの暮らし方やモノづくりに対する考え方に共感するようになってます。
来年も定期的に訪問し、お手伝いさせてもらう事に。
次は、大雪の2月。あー楽しみ。

ホームページも本格的につくるまえに、サイトも公開してますのでご覧下さい。
蒜山耕藝公式ホームページ
Facebookページもありますのでこちらもよろしくお願いします。

f0120395_16435345.gif


蒜山耕藝の作物は素材に力があるので、
塩とオリーブ油だけで美味しい御馳走になります。
デザインもそのくらいに。

f0120395_16441953.jpg

収穫した餅米(ヒメノモチ)と小豆と大根で、餅を食べる。旨い!

f0120395_1646948.jpg

葉が色づいてきて気持ちの良い季節です。

f0120395_1654119.gif

蒜山耕藝のブログで絵里香さんがロゴのことを紹介して下さってます!





[蒜山耕藝の関連記事]
蒜山耕藝の収穫
岡山蒜山とつながる
by seiichi_maesaki | 2012-11-13 16:55 | ロゴ・ネーミング・サイン
蒜山耕藝の収穫
今週の土曜日にオープンスタジオを開催します。
ご希望の方は、ご連絡下さい。

2日間、岡山の蒜山へグルメ出張してきました。
前回お話しましたが、千葉から移住し農業を営む蒜山耕藝(ひるぜんこうげい)は、
今が夏野菜の収穫真っ只中です。
この時期にあわせて現地視察や打ち合わせ。そしてメインの食事(笑)。

蒜山耕藝の農業は、自然との調和を大切にし作物が育つ環境をつくります。
農薬や肥料を一切使わないやり方で出来るのかと、
お話を伺った時に大変興味をもっていましたが、身をもって体験しました。
移住して1年目の土作りで、収量や大きさ、場所によって育たないものなど
課題は多いそうですが、味においては感動ものです。
朝、昼、晩とご馳走になり、力のある美味しい料理に舌鼓。

蒜山耕藝はメンバー3人、皆さんが料理好きの美味しいもの好き。
「作物は自分達が食べたいものを作る」が基本です。
食卓では、トマトは生食より火を入れたものの方が美味しいので
作付けは加工に適したトマトのみにしようとか、
パスタは野菜1種類の方が良かったとか、
水茄子のオイル漬けをつくろうとかアイデアが沢山でて
食卓が商品開発の場になっていて、今後が楽しみです!
ということで美味しい会議も順調に進み、これからいろんな事に
蒜山耕藝は取り組んでいきます。
次回は11月。メインの米の収穫に合わせています(笑)。


f0120395_6195884.jpg

水茄子はステーキにするとメイン料理にもなります。

f0120395_620738.jpg

ブログ用の写真撮影。情報発信の重要性をしっかり理解されています。

f0120395_6202088.jpg

お昼のリゾット。夕食のラタトゥイユの残りを上手く活用。
野菜の出汁がしっかりしていて本当に美味しかった。
チーズも蒜山にある素敵なお店で作られたもの。イル・リコッターロ

f0120395_6202337.jpg

調味料や道具も吟味されています。
これから、色んな事を教えてもらおう!


写真はFacebookのアルバムにもありますのでご覧下さい。
by seiichi_maesaki | 2012-08-22 07:04 | 出来事