Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
カテゴリ:アイデア( 43 )
「やられたぁ」って思う瞬間
火曜日、平尾にある喫茶店「ふら」に行ってきました。

そこで、出会ったものは無印良品の壁掛け式CDプレイヤー。
これは、プロダクトデザイナーの深澤さんがデザインした有名なものですが、
ここの店主は、カウンターにおいて使用されていました。
卓上ランプに照らされ、仰向けの状態で天井に音を奏でるそれは、
レコード盤の様にも見え何とも言えない雰囲気を出しとても新鮮に見えました。

「やられたぁ」っていう感情、誰でもあると思います。
日常をちょっと違った視点でとらえ、新しい発想で意識的に表現されたものに出会うと、
凄く嫉妬してしまいます。
最近も駐車場に停めてあったヤンキーの車に目が止まりました。
ガソリンを入れる給油口のフタいっぱいにゴルゴ13の顔のイラストが金1色で印刷されているのです。
このゴルゴさん、何人のスタンドの店員さんの心を掴んだのでしょうか。

この「やられたぁ」と思わせるユーモア溢れる発想達は、
日常の中から突如僕の目に飛び込んできて語りかけます。
そのアイデアに説明は不要で、受け手の心に届きます。

ビジュアルだけで相手に気持ちを伝える。僕の仕事で目指すところです。

さぁ、仕事頑張ろうっと。

「やられたぁ」って思う瞬間_f0120395_17595237.jpg

良いお店は、道具選びのセンスがいい。

「やられたぁ」って思う瞬間_f0120395_180376.jpg

RE DESIGN展の中でお気に入り、「記念日のためのマッチ」
by seiichi_maesaki | 2007-02-28 00:31 | アイデア
使うものは自分で作る
新しい机が完成しました。

今回のギャラリー改修にあたり、作業机が新しい空間のコンセプトの中で
重要な役割を占めていました。
ギャラリーの雰囲気を壊さない作業机。以前もお話ししたように、
お金をかけないカッコイイ空間作りがモットーなので、これもやっぱり手作り。
欲しい机を買うとなれば、数十万円はするであろうところが、
作ってしまえば材料費は2万円程度、何より作り上げる喜びがもれなく付いてきます。
手作りの物には、用途に合わせて素材選びができ(基本的には木か鉄という選択ですが)、
アップグレードも自由自在(基本的には穴をあけるか、溶接するかですが・・・)という利点があります。

以前自分で家を建てた方が、おっしゃってました。
「こんな楽しい工作を、お金を払って他人に作ってもらう訳にはいかん。」

夢は広がります。

使うものは自分で作る_f0120395_14334125.jpg

なかなか大変。


使うものは自分で作る_f0120395_14342731.jpg

鉄板は長さが足りなかったので、接ぎ足して使用。溶接の跡も「味」ということで。
by seiichi_maesaki | 2007-01-24 14:54 | アイデア
百聞は一見にしかず。
本で読んだことのある、モノクロの2色印刷を初めて体験。
想像しずらかったのですが、刷り上がりを見て感動、納品日が待ち遠しいです。
何度もインクの色を試してくれた、印刷所の三浦さんに感謝です。

百聞は一見にしかず。_f0120395_18553858.jpg

スミの1色印刷。

百聞は一見にしかず。_f0120395_1837293.jpg

スミとグレーの2色印刷。違いは実際手にして見ると歴然です。
by seiichi_maesaki | 2006-12-18 19:06 | アイデア