Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
美術館からの手紙89号
福岡県立美術館の情報誌「TOP LIGHT vol.89」が
できあがりました。


今回の見どころは、全国を巡回中の棟方志功展。
棟方志功の作品はエネルギーあふれる板画(はんが)が有名ですが、
肉筆画、本・雑誌の挿絵、書、皿絵と多彩な表現で魅力満載です。
個人的には、「東海道棟方板画」の富士山を見るのが非常に楽しみ。
表紙は氏の作品の中でも、西洋の雰囲気がかもし出された挿絵で飾りました。
意外性を感じる作品に、トップライトを手に取られた人は驚かれているようです。

トップライトは1枚の紙を8つに折る読み物ですが、
読み手によっていろんなページから読めるようになっているため、
レイアウトはかなり難しくなります。
毎回思考を繰り返しながら、
次はもっと良い手紙になるようにしたいところです。


美術館からの手紙89号_f0120395_7132732.jpg




●コレクション展開催中
「上田宇三郎と久野大正 異彩を放つ日本画家たちの軌跡」  6月5日まで。

●特別展
「棟方志功 祈りと旅」 5月26日~7月3日
by seiichi_maesaki | 2011-03-31 07:14 | 本・小冊子・パンフ
百姓組リーフレットと桃の花見
東日本大震災で被災された方々へ心からのお見舞いと、
一日も早い被災地の復興を願っております。
福岡からは、微力ながら自分に出来ることをし、
明るい話題を届けていたいと思います。


前回の記事で、うきは百姓組のドライフルーツパッケージのことを
お知らせしましたが、それに付随したリーフレットも完成しました。
百姓組がつくるドライフルーツの魅力を紹介と
商品開発を監修されたベジキッチンのゴトウさんが、
その活用方法をいろんな料理で提案する構成になっています。
砂糖も添加物も一切使っていないので、
パンや焼き菓子には美味しさのアクセントとなったり、
サラダやデザートやお酒のおつまみのトッピングと、
いろんなシーンで他の料理とうまく調和して食卓を彩ります。
是非一度食べて頂きたいと思います。

【第2回 桃の花見】
そこでお知らせですが、4月3日(日曜日)に
今年で2年目の桃の花見を開催します。
お昼13時ごろからはじめます。場所は桃農家赤司さんの農園にて。
参加費は千円です。
ドライフルーツや青果から蒸き野菜、焼き野菜、スウィーツなどいろいろ
用意していますので、是非遊びに来てください。
参加希望の方は、短いですが28日までに
僕のメールへ(gallerysyu@syogei.com)お願いします!!


百姓組リーフレットと桃の花見_f0120395_1714484.jpg
百姓組リーフレットと桃の花見_f0120395_1722671.jpg

百姓組リーフレットと桃の花見_f0120395_1735567.jpg


今回のリーフレット写真は、ゴトウさんご推薦のカメラマン大野さん
最後の最後までありがとうございました!!


百姓組リーフレットと桃の花見_f0120395_17125354.jpg

昨年の桃の花見の風景。ぜひ遊びに来てください!!


〈百姓組関連記事〉
掘っ立て茶屋の作り方
by seiichi_maesaki | 2011-03-25 17:02 | 本・小冊子・パンフ
百姓がつくった、ドライフルーツ。
1月にお話したうきは百姓組のドライフルーツがそれぞれ完成して、
パッケージも出来上がりました。
旬の美味しい果実を、砂糖や添加物を一切使わず
セミドライに仕上げているので、甘さと旨味が凝縮されています。

ドライフルーツは一般生活者と、プロ向け(業務用)の両方に提案出来るよう
研究会ではベジキッチンのゴトウさん講師のもと進められてきました。
ゴトウさんもベーグルを販売されている事もあって、
加工されたフルーツは手軽に料理に使えて重宝するのだそうです。

今回お手伝いしたパッケージデザインは一般生活者向け。
このバッケージの目的は、手に取って買ってもらう事はもちろんですが、
ドライフルーツを通して、うきは百姓組の果実(青果)や
いろんな取組みを多くの人に知ってもらう入口となる事です。
出来上がったそれぞれドライフルーツはとても綺麗で、
視覚的にも訴えるものがあるのでパッケージの表面には、
過剰な装飾や説明を一切入れずに、マークだけをシールで貼ることにしました。
その代わり、裏には福岡県産であることや農家が作っている事、
またQRコードも入れてネットを見られるようにしています。
無添加で福岡県産の美味しいドライフルーツ是非一度ご賞味下さい!

このドライフルーツは、まずイベント出店時に販売し、
お店にも卸していくようになっています。
興味のあるお店の方は、こちらへ(info@ukiha-100.jp)お問い合わせ下さい。
ちなみに、ドライフルーツの個別配送は受け付けておりません。




百姓がつくった、ドライフルーツ。_f0120395_6532569.jpg


撮影は大野博之
ドライフルーツのリーフレットも制作中、ラストスパート!



百姓がつくった、ドライフルーツ。_f0120395_11143739.gif



〈百姓組関連記事〉
ギュッと果物が凝縮
ちくご特集 シティ情報フクオカ
by seiichi_maesaki | 2011-03-10 06:56 | パッケージ
作為
最近、自分が気になるモノを記録しています。
気になる文字であったり、建築だったり、デザインだったり。
道を歩いていて、ふと脚を止め、写真まで撮らせてしまうモノとは一体何でしょう。
気になるモノは、目に飛び込んできて、「いい!」と直感しています。
そうさせる何かについて考えてみると、
自分は自然とそうなったものや、工夫してあるべき姿に導いたものに
強く惹かれていることに気付きます。
上手く見せてやろうとか、小手先だけのモノは心に残りません。

見ている側で話すと簡単ですが、これが作り手にまわるととても難しい。
何気なく描いたものを褒められると、
次は余計な力が入ってしまい上手くいかなかったり、
こんなイメージと決めて作り込んでいくと、小さくまとまってしまったり、
気がつけば巨大迷路を行ったり来たり・・・。

肩の力を抜いて、あるがままに、作る事を楽しんで。
頭にこびり付く数多の雑念を振り払い、モノづくりに励みたいと思います。


作為_f0120395_721622.jpg

教室の生徒さん作。
書が自由で楽しいですね。


作為_f0120395_6574715.jpg

トタン板のパッチワーク。
ある材料で、必要に応じて手を加えられていった感じがいい。
雨風にさらされたトタンの風合いが僕にはストライクです。
by seiichi_maesaki | 2011-03-04 07:10 | アイデア