Written
by Design studio SYU
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 
◉Profile
前崎成一 デザイナー
1978年生まれ 
長期的にトータルデザインを通し、企業の暖簾(個性)づくりを行う。

Design studio SYU
〒818-0025 福岡県筑紫野市筑紫1288
Tel:092-408-5600

M@il
SYU周辺おすすめ地図

◉ My Web site
Design studio SYU

福岡書芸院
関連ブログ
Sai—書の喜び—
書のある風景
陽々のヨガ

……………………………………

◉お知らせ
twitter
facebook

やってます。
……………………………………

◉ 気になるブログ
江副直樹blog
Design nico
伊東啓太郎の風景ノート
PIGLOG
KifuLの店長日記
KifuLの良品手帖
ミニアチュール
gardening
Time Architects Office
聴雨居
EurekA
耕作日記
Tec the World Trekker
タカスガクデザイン
味噌玉日記
板場の知恵袋
古壱家
taromagazine
前園日記
木綿雑記
青い月
アトリエ・トア徒然
箱ベジな毎日
pococolo design
CASE REAL
stad
能古島の歩き方
紙漉思考室
シラミズタカヒロ
nomade design


◉ 気になる食・環境
九州ちくご元気計画
たけた食育ツーリズム
野上耕作舎
うきは百姓組
味噌蔵 麹園
団体弁当マンジャ
でん一農場
蒜山耕藝のブログ

◉ 気になる仕事
Bunbo
PIANO FACTORY Qujira
意匠職人 町谷一成
sh360
美術家 仲真市
株式会社プロボ
布作家:中本扶佐子
ピアニスト:澤村 迪
「独華陶邑」石井直人・すみ子
KUDAKA STUDIO
小さな木工所
花事師 中村有孝



◉ 気になるお店
手の間
KifuL
珈琲美美
木と星
アトリエ・トア
ギャラリーやすむら
うつわ 晴る
UNTIDY
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
more...
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧
<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
叔父の形見
少し前に、SONYのNEX-7を買いました。
コンパクトで性能も良く、マウントアダプターを付ければ、
いろんなオールドレンズも使えるということで、
今いろいろ試しているところです。

亡くなった叔父は、かなりのカメラマニアだったようで、
良いカメラやレンズが沢山眠っていました。
そのレンズ達がNEX-7とお世話になっているN氏の
アドバイスのお陰で、ようやく日の目をみることに。
被写体を変えいろいろ撮影していますが、
レンズの力を実感しています。
写真は、作品づくりというより記録として考えているのですが、
これからは、もっと撮るのが楽しくなりそうです。
レンズはMINOLTAとPENTAXが揃っていて、
ホント叔父に感謝です!

叔父の形見_f0120395_185491.jpg

マウントアダプターLA-EA2とMINOLTA AF 50mmレンズ

叔父の形見_f0120395_1854187.jpg

こちらも眠っていた写真たち。
叔父が目にしていた日常の断片を眺めながら、
どんなことを考えていたんだろうと想像しています。

叔父は、無口で無愛想で話しかけにくい人でしたが、
カメラの事を聞くと少しだけ口数が増え、
大事なカメラも貸してくれたりしました。
暗室を押し入れにつくって、現像・プリントなど自分でしていたみたいなので、
もっと写真の事について会話していたらと、今でも思います。
by seiichi_maesaki | 2012-05-24 19:03 | 出来事
私の素肌診療 スキンクリニックかのん
先週は、デザイニング展のトークイベントに回って、
すごく良い刺激をいくつももらいました。
今の自分にとって、必要な人と本に自然と出会えた感じ。
デザイニング展は8年目だそうです、持続は力ですね。

今日は、去年から進めていたお仕事を。
ラグズの廣江さんからのご紹介で、
福岡市天神の西通りにある、スキンクリニックかのん
ロゴリニューアルをさせていただきました。
それに付随するサイン、名刺、診察券、そして封筒など。

院長のかのん先生は、素肌の構造や仕組みについて
深い知識があって、その話をされる先生の目はキラキラしていて
スキンケアの話には男の僕も聞き入ってしまいます。
「肌をきれいにすることはあくまでも”手段”であって、
その先にある”お客様の幸せ”の一端を担うことが使命」という
先生の考えに、自分の仕事と通じるところがあり共感しました。

ロゴのリニューアルに関しては、
コンセプトである「美肌づくりの先にある、笑顔。」
この言葉に込められた思いや愛情と、
素肌に対峙し、真摯にのぞむ姿勢を可視化することで
スキンクリニックかのんの強いアイデンティティを
築くことが出来ると考えました。
かのん先生の言葉には、本来日本の女性が内に秘めている美を
目覚めさせる力を感じます。
化けるのではなく、心から美しくなるような。
その美を表現するため、「かのん」の平仮名がもつ美しさ
リズム、運筆、形といった細部までこだわりました。
そして、ロゴマークは素肌と向き合う「私」。
変化に気付き前向きになった「私」の姿をビジュアル化しています。

かのん先生が一番の素肌美人なので、
お肌にお悩みの方は、ご相談下さい!

私の素肌診療 スキンクリニックかのん_f0120395_555711.jpg

「私の素肌診療」というコピーも提案。

私の素肌診療 スキンクリニックかのん_f0120395_555169.jpg

診察券のデザイン。
以前は、診察券とポイントカードが別々になっていたものを
一緒に使えるよう、三つ折りにして1枚に。

私の素肌診療 スキンクリニックかのん_f0120395_555124.jpg

封筒のデザイン。


美容皮膚科スキンクリニックかのん
Tel 092-738-7557(完全予約制)
福岡市中央区天神2-6-24 アルボーレ天神4F
by seiichi_maesaki | 2012-05-18 06:06 | ロゴ・ネーミング・サイン
ぬぬぬパナパナのぬぬ
ぬぬぬパナパナとは、八重山地方の方言からの造語で、
布の端々という意味であり、
染織を通して作り手と使い手をつなぐ団体です。
展示会、販売、ワークショップが活動の柱で、
来たる5月31日から6月4日の5日間、新宿の「ラ・ケアキ」で
展示会が開催されます。
その展示会用のパンフレットを、Bunboの江副さん編集のもと
デザインさせて頂きました。

ぬぬぬパナパナは、代表の浦令子さんが
八重山移住で、素材から布になるまで
すべて手作りの染織に触れられたたことが始まりです。
自然の恵みのもとにある布づくりを伝えられています。
詳しくはホームページ
今回は、八重山から東京まで18人の作家さんの
個性豊かな作品が並びます。
そして、ワークショップやレクチャーやライブに
自然栽培の野菜をつかったランチまで
盛り沢山のイベントですので、
関東の方はぜひ足をお運び下さい!

「ぬぬぬパナパナのぬぬ」イベント詳細
会期:2012年5月31日(木)~6月4日(月)
時間:11:00~19:00 入場無料
会場:ラ・ケヤキ(東京都新宿区内藤町1-6)アクセス
TEL:03-3353-7277(会期中のみ)

ぬぬぬパナパナのぬぬ_f0120395_620530.jpg

パンフレットは、三つ折りで表面はモノトーンで
中面にカラーで印刷していて、入口から中面へと
開いた時の気持ちの変化を考えてみました。

ぬぬぬパナパナのぬぬ_f0120395_620162.jpg

表紙を開いたページ。

ぬぬぬパナパナのぬぬ_f0120395_6201198.jpg

画像をクリックすると大きくなります。

ぬぬぬパナパナのぬぬ_f0120395_620427.jpg

インクをブラックと濃紺を使って印刷。
良い感じに仕上がりました。
by seiichi_maesaki | 2012-05-11 06:22 | 本・小冊子・パンフ
休日の愉しみ
今年に入って休日を山で過ごす事が多くなっています。
昼ご飯でバーベキューをしたり、
ケーキと美味しい珈琲でのんびりしたりと。
そんな時間がとても贅沢に感じています。
子供もいることもあって、自然に触れさせたくなります。
普段の生活では、土を掘る事もありませんし、
虫や植物の観察をすることもほとんどありません。
震災以降、自分の目で見て、触れて感じることを
大事にするようになっていますし、子供達には
つながりの中に在ることを体感してほしいと思っています。
それと、原発がすべて停まった日。
このまま眠ってほしい・・・。

暖かくなって森は賑やかで命の息吹を感じます。
自然の中に身を置くのは本当に気持ちがいいのもで、
良い充電ができました。明日から仕事開始です!

来週からデザイニング展がはじまります。
4つのトークイベントを予約済み!


休日の愉しみ_f0120395_21213556.jpg

木屑が地面に散らばっていて見上げると、キツツキの巣を発見!

休日の愉しみ_f0120395_21212224.jpg

虫にビビりながら花を摘む我が子。
小心者は父親ゆずりかい?

休日の愉しみ_f0120395_2122051.jpg

寸時舎はそろそろ手入れが必要かなぁ。
by seiichi_maesaki | 2012-05-08 15:14
麹園のおすそわけ便
ゴールデンウィークですね。
といっても人が多い所は苦手。皆さんはどう連休はお過ごしでしょうか。

今日は、九州ちくご元気計画のお仕事をもう一つ。
以前、ロゴマークパッケージ等のお手伝いをした
大木町の味噌蔵 麹園
今度は自慢のお味噌と一緒に
メンバーの皆さんが育てる季節野菜などをお届けする
「麹園のおすそわけ便」を作られたので、
その案内POPと注文用紙と段ボールに貼るラベルを制作。

研究会では、講師の島添さん指導のもと、
おすそわけ便の内容から、実際に受注・発送をしてみて
ダメだった所を改善したり、実際に通販を行っている農家さんを
参考にしたり、クレーム対応を勉強したりと
ゆっくり、じっくり進めれました。
麹園は、大木町のおばちゃん達が集まって、
20年間味噌作りをしてきたグループです。
その皆さんが、3年間で名前を変え、デザインに力を入れ
商品力を高め、新しい事にトライされてきました。
仲が良く、いつも笑顔で前向きです。
話がよく横道にそれたりしながらでしたが(笑)。
これからの進化を期待しています!

野菜は、無農薬で育てられていて
大きくて綺麗で味もしっかりしています。
お味噌もこだわっていますが、野菜も負けていません!
是非、一度ご注文してみてください!

麹園のおすそわけ便_f0120395_7353097.jpg


麹園のおすそわけ便_f0120395_7354128.jpg

おすそわけ便が届いて直ぐ分かるように大きなシールを作成。
段ボールのフタ部分にはドライバーへのメッセージを。

麹園のおすそわけ便_f0120395_7355627.jpg

注文用紙付きの3つ折りリーフレット。
注文用紙をダウンロードしてファックスでおすそわけ便が注文できます!
>>注文用紙ダウンロード
注文の方法はこちらを
データが大きいのでダウンロードに時間がかかります。

お問合せ先 味噌蔵 麹園
TEL 090-1082-4902(代表中島) FAX 0944-32-0075


麹園のおすそわけ便_f0120395_736443.jpg

こちらはA4サイズのポップ
店頭においても、おすそわけ便にいれても良いように作っています。
〈POP表ダウンロード〉〈POP裏ダウンロード〉

麹園のおすそわけ便_f0120395_7494036.gif




関連の記事
麹にこだわる母の味
おいしいお米でつくったお味噌
by seiichi_maesaki | 2012-05-03 07:50 | パッケージ